HTMLの最適化

SEOでは、検索エンジンと HTTPプロトコルで HTML ファイルをやり取りす
るため、 SEO対策ではHTMLの最適化を行うことも重要です。ただ、 HTMLの最適化は、あ
くまでそのコンテンツを 100% 正しく検索エンジンに伝えるための手法であって、それを 150%大きく見せようとするとそれはスパムと見なされます。
HTMLの最適化を行うにあたっては、 以下の点が重要です。

  • ファイルのサイズはより較しよりシンプルにする
  •  重要な要素(キーワードなど)はファイル上部へ記述する
  •  動的プログラムのレスポンスを速くする。
    これらについて、 以下でもう少し具体的に説明していきます。ファイルのサイズはより軽くよりシンプルにする。検索エンジンは HTMLファイルをクロールする際に、キーワード密度をlつの指標としています。キーワー ド密度とは、そのコンテンツ中のキーワード種類に対して、繰り返し利用されているキーワードごとの出現頻度を示します。つまり、そのコンテンツのキーワードが後数回出現する傾向にあるページがいいページだと検索エンジンが理解するのですが、コンテンツサイズ(=情報量)が大きくなるにつれて、このキーワード密度が薄まってしまいます。 SEOに最適なキーワード密度はパソコン用サイトでおおむね3-7%の平均 5% を目指すといいでしょう 。
    Google で「キーワード密度チェッカー」と入力して調べてみてください。共通の ]avaScript などもすべて外部ファイル化する• 30KB 以内に収まると理想、大きくても 50KB 以内を目指す。システム的には、ファイルサイズを減らすことはサーバー負荷やネットワーク負荷の軽減を図れるので、積極的に軽減に努めましょう。重要な要素(キーワードなど )はファイル上部ヘ記述する。この理由は単純で、検索エンジンは HTMLファイルを上部から早く出現したキーワードの方がより重要だと判断するからです。上部だけにキーワードを詰め込まず、下の方にもキーワードが出現するようにします。このようにキーワ ードが全体的にまんべんなく出現する指標をキーワード出現頻度といいます。 キーワードは HTMLのコメントタグにいくらはめ込んでも、逆にスパム行為と見なされる可能性があるので、コメントタグにキーワー ドを入れることは避けてください。
    画像の alt属性にキーワードを正しく設定することは、密度の上昇というよりは
    画像検索対策になるので、積極的に利用するようにすると、いい結果につながります。

動的プログラムのレスポンスを速くする
ページを リクエストして 10 秒かかるサイトと1秒かからず表示されるサイトで
は、どちらがユーザーにとって有益なのか明白でしょう 。また、検索エンジンにとっても、よりたくさんのクローリングを行いたい場合にレスポンスの遅いサイトは彼らの活動を阻害する要因となるので、SEOではレスポンスの速さも基準となります。とにかくレスポンスの速いサイトを作ることが望まれます 。

SEO対策格安・・・・東京SEOメーカーがおすすめです。