METAタグ

Metakeywo rd sは訪問者には見えない部分で、専ら対検索エンジンに対してア ピールするものです。グーグルはこの部分は無視していますが、ヤフーでは参考に して いる 可能性がありますので、必ずメイン となる キーワードを入れま しょう。また、最近では、キーワー ド数を欲張れば欲張るほど結果が出なくなってきています。 これは検索エンジンが「このページは ○○のページ」と 1つだけを選別する傾向に あるからです。よってキーワー ドは原則1つにしぼるべきで、こ こでも 1 つの記述 にするのが理想です。 ただし、次の場合は例外的に複数を狙ってもOKです。

・すでに十分上位表示している。

・上位表示が簡単な競争の緩いキーワード

Metadescriptionも訪問者には見えない部分ですが、検索結果として表示された 場合のサイ ト説明文の中に出てくる文章なので、どちらかというと人に対してア
ピールする文章であるべきです。検索されると、サイト説明文と して表示されるときに、検索文字が太字で表され ます。検索 した人 にとってはその言葉に興味があるわけです から、こ こでも中心的存在であるべきです。よって、なるべく文章の最初の方( 番最初がベス ト)に入れ、なおかつ合計で2 ~3回入れるようにしましょう。ただし、不自然な繰り返し はいけません。あくまで自然な文章lこすることを心掛けま しょう。も しキーワ ー ド を3回入れる場合はそれなりの長い文章になるのは当然のことです。 このように記載することがそれが同時に検索エンジンへのアピールにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です