ハブサイトの作り方

ハブサイトを作るにはいくつか方法がありますが、プログラムの知識を必要としないハブサイトの作り方を紹介します。まず、一番簡単なのは、「リンク集」を作ることです。例えば、英語に関する色々なサイトを集めた「英語リンク集」や、株に関する色々なサイトを集めた「株リンク集」という感じです。作り方は非常に単純です。まず、「投資」などのようにテーマを決めます。そして、検索エンジンなどを使って、そのテーマに関するブログ・ホームページを見つけて、名称・タイトル・紹介文・アドレスをメモ帳などに集めていきます。こうして集めたプログ・ホームページを「株式投資」「FX」「不動産投資」などのようなカテゴリに分類して、記事に投稿していけば、リンク集の完成です。(このとき1つのブログ・ホームページにつき1つの記事を投稿していくといいでしょう)。リンク集を作り始めたころは、自分で色々なサイトを登録していってコンテンツを充実させると共に、相Eリンクの依頼をして、知名度を上げていく必要があって手聞がかかりますが、軌道に乗れば、サイトの登録依頼がくるようになります。登録依頼がくれば、コンテンツも手間なく作成できるようになりますし、被リンクも「相互リンク必須」にすれば、手間なく集まります。また、RSS を使って、最小限の手間でハブサイトを作成する方法もあります。ブログの更新情報はRSS フィードで発信されているので、フリーソフトを使って、色々なブログの更新情報(記事の概要とその記事へのリンク)を入手して、それに手を加えて、随時、記事にしていくというものです。この手法だと被リンクを集めることができませんし、今はまだスパムとして取り上げられていませんが、使い方を誤るとスパムになる可能性があります。その点は注意が必要です。しかし、手間という点では、手作業で検索していく先ほどの方法より格段に楽でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です