集客力を上げたい!場合には

検索エンジン上で自分のホームページを直接表示できる、つまり宣伝できる場所は下記の3箇所です。
・PPC広告枠
・ディレクトリ枠
・検索結果枠(ロボット型検索エンジン)

「PPC」とは”Pay Per Click” (クリックにお金を払う)の頭文字を取ったもので、日本語では「検索キーワード連動型クリック課金」のような表現が一般的です。自分を広告主としてPPC広告枠に有料で一行広告を出すことができます。 ディレクトリ枠に表示するためには、自分のホームページのURL、タイトルおよび説明文を書いて検索エンジンに申請をします。検索エンジンの担当者の審査を経て、優れたホームページだと認められれば文章が手作業で編集されたうえで、検索エンジンのディレクトリ枠に掲載されます。 「検索結果枠」はロボット型検索エンジンの検索結果として表示されるページのことです。ロボット型検索エンジンでは何万件というホームページが検索結果としてヒットするので、相性のいいホームページを作ってなるべく上位に表示してもらう必要があります。このためのテクニックを一般にSEOと呼びます。また、他にもYahoo!JAPANであれば、検索語と特定のカテゴリが一致した場合には「ショッピング」「オークション」「観賞」などの別ページへのリンクが表示され、これらのリンク先ページにも自分のホームページを宣伝するチャンスがあります。ただし、消費者はメインストリームのページを上から下へ進む傾向があります。上記のような脇道の別ルートに流れる消費者はそれほど多くはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です