altスパム

「alt属性」というものは本来、画像の代替テキス卜であり、画像を非表示にしているブラウザにも、音声で読み上げるといったブラウザにも対応することができ、アクセシビリティの面でも、一般的には良い機能のことであるといえるのではないでしょうか。しかし、その「alt属性」に、本来の役割を逸脱したようなキーワードを入れる行為は「altスパム」と呼ばれ、スパム行為と判断されてしまいます。
透明の画像や、背景色と同じ色で、1ピクセルなどの見えない画像にキーワードを付けても閲覧者には見えませんし、そもそもひとつの画像にたくさんのキーワードを詰め込むと、目の不自由な視覚障害者の方が音声ブラウザでアクセスした際に、キーワードだけをずっと聞かされるといった事態が発生することになってしまいます。 このようなことからもaltスパム、また、そう判断されてしまうような使用方法は控えるべきであり、しっかりと学んでおくべきであると言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です