クリックしたくなるタイトルを作る

ここまでは、文字数やキーワードの記述位置など、どちらかというと機械的な要因のお話をしましたが、 一番重要なのは、もちろんサイトを見てくれる“人”なのです。狙っているキーワードで上位に表示できたとしても、“人”であるユーザーがクリックしてくれなければ意味がありません。あなたは検索結果の一番上に表示されたサイトを必ずクリックしますか?私だったら 知りたい内容に一番親和性の高いタイトルのページをクリックするはずです。
titleタグは、いわば本のタイトルのようなものなのです。いかに目立つ場所にあっても、どんなに素敵な内容でも、タイトルが良くなければ本は読んでもらえません。同じように、サイトの中身を分かりやすく表現して、それでいて内容を読んでみたくなるようなタイトル になるように心がけましょう 。

それが出来たなら、さらにページ毎に個別のタイトルを付けてみましょう。

稀に同じ titleタグが大量にある Web サイトを目にしますが、これはあまり良くないと思います。
本に例えると、同じ題名の本がいくつも並んでいるような状態です。

ページに書かれて いること自体はそれぞれ違う内容だったとしても、大量の重複ページがある状態だと検索エンジンに誤認されてしまう可能性もあります。1ページ 1ページ、内容に合わせて個別のタイトルを付けるように心がけましょう 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です