body要素

body要素の出現位置はGoogleが重視するため、なるべくbodyはページ上部に来るようにしてください (head要素内を少なくすることで対応できます)。
また、主な最適化方法として、
Dynamic HTMLはなるべく使用しない Dynamic HTML (DHTML) はユーザーにとってサイトの見た目やユーザビリティーを向上させるために有効な技術ですが、 DHTMLを使用することにより、キーフレーズがGoogleにとって正しく伝えられなくなる可能性が上がります。また、 DHTML はコンテンツを隠すことが可能ですが、これらはスパムとして検索エンジンに認識される危険性も持っています。なお、さまざまなユーザーテストの結果では、動的なリンクより、青色下線のテキストリンクの方がクリック 率が高いことも分かっています。

コンテンツ内での重要なキーワードは論理的強調 (strong、em)要素でマーク
アップし、その際はキーワード部分のみを強調するようにしてください。なお、
strong要素の方がem 要素より強調の意味合いが強いと定義されています。なお、b要素は視覚的強調(見た目だけ太字にする)なので、キーワードではない部分に利用してください。
h1要素はそのページの最重要キーワードを伴って使用します。